住宅ローン金利はどうやって決まる?

住宅金利の決め方としては、金利の方法によって、違いが生じるようになっています。
1つ目のして、固定金利に関しては、「長期プライムレート」によって、そして変動金利は、「短期プライムレート」が金利の基準になって決まると言われています。
それに加えて、住宅ローンを販売している会社の方針などによっても、この金利を決める際の参考になっています。
ですから、買う住宅金利を組み込むことができるローン会社や銀行によって、多少の金利差があるのも当然のことと言えます。
この「短期プライムレート」とは、日銀の金融政策などが関係していて、この金融制作の方法によって、左右されるようになっていますし、「長期プライムレート」に関しては、これから先、10年の日本の長期国際の動きが関係して言うと言われています。
金融機関で審査が違う?住宅ローン審査比較!【銀行ごとの特徴はある?】