フィットちゃんランドセルは型落ち品が安い?

夏休みも近くなり、ラン活が本格化する時期になりました。

ネット上の調査によると7月~10月がピークとも言われていますが人気ランキング上位の工房系などは生産数の問題から夏休み前に完売していることもあります。

なので工房系やフィットちゃんなどのブランドランドセルを手に入れたい場合は早めに情報を集めておかなければいけません。

ただ、早く決めすぎた場合、子供の心変わりが起きると困ります。

例えば、お友達が何色だったとかで別の色が欲しいと言われたという話も聞きます。

個人的にオススメなのは年末年始のタイミングや10、11月頃です。

年末の決算で安くなっていたり、入学3ヶ月前なら体型もそんなに変わらないはずなので体に合ったものが選びやすいです。

ラン活をするにあたって百貨店の売り場などに出かけると思います。

ラン活の際にいくつか注意したい点があるので確認しておきましょう。

例えば、入学予定の小学校は色やデザインの指定がないかや一例として入学予定の小学校は色やデザインの指定がないかや次に実際に店頭に行ったときには丈夫さや軽いかをチェックしたいところです。

ここでいう軽さはランドセル本体の重量という意味ではなく背負った時に感じる体感重量のことを言います。

他にも万が一子供が壊してしまったときのための6年間の保証がついていると安心できますね。

ただ、最終的には本人の納得するデザインが一番ではないしょうか。

暑くなって来て「ラン活」が本格化する時期になって来ました。

ラン活とは来年入学の子供が使うランドセルを探して購入する活動のことです。

ラン活に際して気になるのは値段の相場です。

どうやら売れ筋の価格帯は4万円台になっているようです。

約7割の人が3万円台~5万円台を選んでいます。

市場には1万円台の商品もあるようですが3万円以上のものの方が丈夫で壊れにくいのでオススメとのことです。

安いものだとなんとなく不安に思ってしまいますよね。

実際に売り場で販売員をしていた方の言葉を参考にするとやはり3万円以上の商品の方が丈夫で壊れにくいようです。

小学校への入学時は教科書や学制服など思った以上に費用がかかることに驚きます。

特にフィットちゃんランドセルは選択肢に幅があり質のいいものは高くなりがちです。

販売員をやっていた方に話を聞くと3万円以上の製品にしておくとある程度品質は安心していいようです。

実際に売れているのも3~5万円台が多いという調査結果もあります。

高品質の製品をできるだけ安く購入したいという場合は国産ブランドのアウトレットを利用してみてはいかがでしょう。

店頭サンプルで使われたものや少し傷がついたものもあれば、ただ、購入する際は必ず旧モデルの在庫品なのか、店頭サンプル品なのか確認しましょう。

この前、個人的にランドセルについて調べていたらアディダスのロゴ付きのランドセルがある時代なんですね。

運動が好きな男の子に良いのではないでしょうか。

販売されている製品の特徴を詳しく調べると百貨店モデルでは本体の素材に最高級のクラリーノを使っているのでそのため通常の日本メーカーの製品と比べると傷がつきにくく汚してもお手入れが簡単なようです。

他にも背カンの部分にはフィットちゃんが他にも、肩ベルト部分に防犯ブザー用のDカンがついているなど徹底して使いやすさにこだわっているようです。

みなさんが小学生の時に小学校へ行く際の通学カバンはなにでしたか?多くの場合は黒か赤のランドセルだったのではないでしょうか。

最近ではリュックを使っている子供やランドセル自体の色が増えてきており見た目で選ぶ親も多くなってきているようです。

そのためかここ最近では、せっかくのお気に入りのランドセルが汚れないようにランドセルカバーを着けている方も多くなってきています。

男女両方で人気のデザインはランドセルのデザイン性を損なわない透明でシンプルなものが人気なようです。

また、女子の場合はかわいいデザインものが人気のようです。

他の人とデザインが被らないようにしたいという場合はハンドメイドサービスで探してみても良さそうです。

見た目にこだわる親も多くなってきているようです。

損なわない透明でシンプルなものが人気なようです。

他の人と被りたくない方はハンドメイド系のサービスで探してみても良さそうです。

ハンドメイド品やフィットちゃんランドセル等はお値段もそこそこしますが、最近はアウトレットや型落ち品もあるので、気になる方はそちらもチェックしてみてはどうでしょうか?

参考:フィットちゃんのアウトレット・型落ちがある?【ランドセル安く買う】

ランドセルカバーの需要が高まっています。

男女両方で人気のカバーはデザイン性を年々、購入時期の早まっているランドセル商戦ですが2019年に小学校入学のお子さんをお持ちの方はすでに購入されましたか?

最近ではデザインや素材にこだわった工房系と呼ばれる人気のランドセルは生産可能数などの問題から売り切れる前に早めに注文されることも多いようです。

これから購入するという方向けに最新の流行を紹介します。

去年までサイズ見直し問題もありましたが今年はA4フラットファイル対応サイズが主流となっています。

デザインは男子向けでは一時期流行ったシルバーなどの光沢のあるメタリックカラーからオーソドックスなブラックに戻ってきました。

女子向けではアクア(水色)やパープルの人気は落ち着き、以前から人気のブラウン系カラーが流行です。

オーソドックスな赤系もどちらかというとピンクや朱色に近い色味が売れているようです。

小学生の時しか使えないものといえばランドセルを考える方も大半なのではないでしょうか。

少し前だと男の子は黒、女の子は赤が多かったですが最近では様々な色や種類が登場しています。

では、もう定番の色は人気ないの?と考えてしまう方もいると思いますが未だに人気は安定しています。

確かにここ数年、緑系やラベンダーといった昔はなかった色の人気がありましたが赤系はそれに次ぐ3番人気を保ち続けています。

また、赤系の中でもトーンや光沢が変われば印象も変わります。

なので、選ぶのに困ったら定番色という選択肢も全然アリですよ。

少し前、タイガーマスク現象と呼ばれるランドセルを児童相談所などに寄付する流れがありましたね。

寄付する気持ちとは素晴らしいものですがその後、プレゼントが届いた施設職員から「ランドセルくらいは本人希望のものを選ばせたい」という話が出たように贈る側と受け取る側の必要としているものが違うこともあります。

実際にこの現象の発端となった人も少し時間が経ってから「ランドセルの寄付は意味がない」と発信しており本当の思いは子供達の支援が広がるきっかけになればというところだったようです。

皆さんも人にプレゼントする際は受け取る相手が本当に現在必要なものは何かを考えて贈りたいですね。

皆さんが来年入学の子供にランドセルを買おうと思ったらどこで買いますか?近くのスーパーや百貨店の特別展示会へ行く人も多いと思います。

中には、店舗まで行くのも大変だし通販でいいかなという人もいるのでは?通販で購入するのが悪いとは言いませんができれば1度は百貨店などの売り場で現物をチェックしてください。

なぜかというと、通販では本体の重量はわかっても実際に背負った時に軽く感じるかや丈夫さなどがわからずフィット感が悪くて使いにくいことがあるからです。

他にも、刺繍をはじめとしたデザインなど細かいディテールも確認できます。

通販を利用するとしたら実物を確認してからをお勧めします。

最近、夏休みの時期になると百貨店などではランドセルの特設販売コーナーを行っているのをよく見かけます。

ただ、そこで工房系の製品を気に入ってもすでに予約終了している可能性が考えられます。

実は、早い人は4月頃にはラン活をスタートていると言われています。

特に工房系の製品などは生産数が限られている製品を狙っている場合は早くラン活をしている方が多いようです。

工房系の製品は通販限定で売っていることも多くできれば実物をチェックしておきたいですよね。

そのため4月下旬頃から展示会を行っているメーカーもあるので今からでも情報を調べてみてはいかがでしょうか。

年々選択の幅が広がるランドセルですが来年入学する子供のランドセルはもう購入しましたか?まだ買っていない人もおそらく夏のうちに決めたいと考えているのではないでしょうか。

ファッション業界のようにランドセル業界にもトレンドは存在しておりラン活を始めるにあたってトレンドを知っておきましょう。

2018年度入学の女の子向けの売れ筋は王冠の刺繍やバラ柄の金具などお姫様感満載のデザインが非常に人気だったようです。

デザインについては繊細で上品な刺繍が最近は主流です。

ランドセルと聞いてイメージするようなシンプルなデザインの場合では本体はブラウン系、ふちはピンクといったワンポイントが違う組み合わせも人気です。

最近では何かを選ぶ際に口コミやレビューを参考にする方が増えています。

でも、レビューだけを参考に選んで後悔した経験もあると思います。

それは子供が使うランドセル選びにも通じます。

ラン活を初めて行う際はわからないことだらけで評判が良いものを探しがちになります。

ただ、実際に売り場に見に行くと評判通りではないこともよくあります。

ラン活で重要なのは評判ではなく、製造工場はどこかといった売り場に並ぶまでの情報と言われています。

また、口コミを調べるにもメーカーは数十社もあり、情報が多すぎて何を選べば良いか決められないという話も聞きます。

一番簡単な選択方法としては最初にメーカーを決めてしまうことです。

1、2社なら情報を集めるのも比較的楽なはずです。

ここ数年で祖父母と一緒にランドセルを買いに来ている光景がもはや夏の風物詩になってきましたね。

ランドセルを選ぶときのポイントについてチェックしておきましょう。

まず、重要視されているのがデザインや軽さです。

「本人が気に入ったもの」でも良いですが幼稚園年長の時に「かわいい」と思っていたデザインが小学校高学年になって趣味が変わるということはよくあります。

同じようにそのとき人気のキャラものにしたら6年間のうちに人気がなくなってしまうというケースも考えられます。

そのため、6年生まで使えるデザインを選んでいる方が多いようです。